総合診療・性差科

受付日
初診受付
初診受付は月~土の午前11:00までです。
休診日
休診日
休診情報は外来日割表でご確認ください。
電話
受診予約センター
03-5923-3240
受付時間
9:00 ~ 12:00
13:00 ~ 16:00

総合診療・性差科について

気軽にかかれる大学病院の窓口、丁寧な身体所見で正確な診断を
複数の症状がある、どの診療科にかかればよいかわからないといった方の初期診療を行うのが総合診療・性差科です。近隣の病院・クリニックからの紹介はもちろん、紹介状のない患者さんも広く受け入れて、最初に総合的な診療を行ってから、適切な専門診療につなぐ役割を果たしています。

当科はさまざまな疾患の初期診療を担当し、初期診断をつけて適切な専門診療科に紹介する役割を担っています。コモンディジーズ、不明熱、複合的な慢性内科疾患、感染症など、主に内科系疾患が中心ですが、外科、眼科、耳鼻咽喉科など多様な領域の症状を伴うことも多く、初診では時間をかけた診察による身体所見を大切にしています。初期診断の後、当科である程度の専門性を持って診療できる疾患については、継続診療も行います。

当科は経験豊富な医師の指導のもと、研修医や医学部学生の臨床教育を行う場でもあります。初診患者さんは原則的に研修医の予診を受けてから、常勤医の診察を受けていただきます。また、近年、注目されている病態、症状などの男女間の差に着目した性差医療に配慮した診療を心がけています。さらに、特殊外来として、予防(ワクチン)接種外来、エピペン(アナフィラキシー補助治療)外来を設けているのも特徴です。
総合診 乾啓洋診療科長 乾 啓洋

主な対象疾患

  • 原因不明の発熱や倦怠感
  • 体重減少
  • 頭痛・めまい
  • 関節痛・リンパ節腫脹
  • 腹痛・胸痛
  • 浮腫など

診療内容と特色

不明熱について

発熱が3週間以上持続し、かつ少なくとも3回38.3°C以上となり、数日の精査でも診断の確定しないものを古典的不明熱と定義されています。そのような、原因が特定されない発熱も総合診療・性差科で対応しています。感染症や膠原病などが関与していることが多いといわれています。発熱でお困りの方もご相談ください。

専門・特殊外来のご案内

総合診療・性差科初診外来


スタッフの紹介

医師名職位・役職専門分野所属学会
乾 啓洋
東京医科大学2002年卒
診療科長
先任准教授
総合診療
内科
感染症
HIV感染症
日本内科学会内科認定医、総合内科専門医
日本感染症学会認定感染症専門医、日本老年医学会認定老年病専門医
日本病院総合診療医学会認定病院総合診療認定医
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリーケア認定医
日本エイズ学会認定医・認定指導医
1乾啓洋
福井 早矢人
東海大学2011年卒
助教総合診療科日本内科学会認定医
日本血液学会認定 血液専門医
日本血液学会
日本病院総合診療医学会     
日本内科学会
日本プライマリーケア学会    
日本感染症学会

青木 のぞみ
助手総合診療科


長岩 優貴
順天堂大学2016年卒
助手
総合診療科
日本病院総合診療医学会

工藤 永子
非常勤助教


朴 宗晋
非常勤助教


 

外来診察日割表

初診受付は、月~土の午前11:00までです。

【1号館1階】

赤字:女性医師

午前乾 啓洋
(再診)
青木のぞみ
長岩優貴(第1・3・5)
工藤永子(第2・4)
(再診)
小松孝行長岩優貴
乾 啓洋
(初診・再診)
仲西雄大
(初診)
再診再診再診福井早矢人
(初診)
初診
初診初診初診初診初診


午後乾 啓洋
(再診)

青木のぞみ

再診小松孝行長岩優貴

再診交代制
交代制再診再診






朴 宗晋
(第2・4)(再診)