呼吸器外科

受付日
初診受付
初診で紹介状をお持ちの方は事前に予約センターで予約をおとりください。初診受付は火~土の午前11:00までです。
休診日
休診日
休診情報は外来日割表でご確認ください。
電話
受診予約センター
03-5923-3240
受付時間
9:00 ~ 12:00
13:00 ~ 16:00

呼吸器外科について

患者の希望を十分に聞きとり速くて安全な手術で生活に戻す
呼吸器外科は、心臓を除く、肺、気管、気管支、縦隔など胸部疾患の外科治療に対応しています。特徴といえるのは、胸腔鏡を使用した低侵襲手術で安全性を高めていることです。術前には患者さん、ご家族に十分に時間をかけて治療について説明し、ご理解いただいてから手術に臨んでいます。外科手術では、手術時間が短いほど患者さんの体への負担は小さくなります。当科ではスピードと安全第一の考えから、肺がんでは小開胸と胸腔鏡を併用する胸腔鏡補助下手術、ダビンチ手術を症例に応じて実践し、ほとんどの手術を3時間以内で終えるようにしています。合併症をお持ちの高齢の患者さんに対しても、手術がベストだと判断した場合には、各診療科の協力のもと、どんな悪条件でも手術に臨みます。がん治療では、手術のダメージ予測と余命の判断が外科医の重要な仕事となります。もし、この腫瘍を放置すればどんな障害が起きるか、腫瘍がなくなればどれぐらい元気に過ごせるか、患者さんとのコミュニュケ―ションで将来の希望も探り、最適な治療を提案します。そのため、術前に30 分〜1時間かけ、生活環境、趣味や生きがい、ご家族構成などを聞き取り、患者さんやご家族の気持ちに寄り添いながら、治療選択や術後の生活について客観的にアドバイスしています。
呼吸器外科診療科⻑ 阪野 孝充

主な対象疾患

  • 肺悪性疾患(原発性肺癌、転移性肺腫瘍etc)
  • 縦隔疾患(胸腺腫、胸腺癌、胚細胞性腫瘍etc)
  • 胸膜疾患(自然気胸、月経随伴気胸、巨大気腫性肺嚢胞、アスベスト関連胸膜疾患etc)
  • 炎症性疾患(膿胸、肺化膿症etc)
  • 胸部外傷(肋骨骨折、血気胸、気管支断裂etc)
  • 生検(間質性肺炎、胸膜疾患、縦隔リンパ節腫大、頚部リンパ節腫大)

診療体制

2009年より順天堂大学呼吸器外科学講座から派遣された常勤医師により診療にあたっています。2021年4月現在、阪野(科長)、前屋舗、相馬、中村、大熊の4名で外来診療・病棟管理・手術を行っております。スタッフ全員体力には自信がありますので、1日に3件の手術を行うこともあります。年々症例数は増加しており、私が赴任して7年目となりますが、手術総数1,114例、うち原発性肺癌は502例の手術を執刀しました。
外来診療は毎日行っておりいつでも対応が可能です。良悪性疾患を問わず、手術適応の決定にあたっては患者さんとご家族へ丁寧に病状説明を行い、リスクとメリットをご理解頂き手術に臨んでおります。患者さんとご家族にとって十分な説明時間、検討時間が得られるよう、木曜午後に30分から1時間かけてご説明しています。
ハイリスク症例であっても、がん専門病院と異なる大学病院の強みを生かして関係各科のご協力を頂き診療にあたっております。高齢者の原発性肺癌を例にとりますと、2015年の肺癌根治術71例のうち、75歳以上の方は20例(28.1%)、80歳以上の方は6例(8.5%)でした。周術期死亡は無く、全例独歩退院、術後平均在院日数は7.8日となっており、通常の症例と遜色ない経過でした。その他の合併症をお持ちの方(冠動脈ステント、心房細動、糖尿病、人工透析、間質性肺炎、COPDetc)についても、手術リスクが高い、という事だけで根治の可能性(手術)を安易に諦めない姿勢でおります。(前述の通り、リスクとメリットについて十分な説明と理解が得られることが大前提です。)
セカンドオピニオンについても柔軟に対応しております。胸部疾患についてご相談がありましたら、内科外科を問わずお気軽にご相談ください。

術式について

肺悪性腫瘍
根治度と安全性を追求する観点から、6cmの胸腔鏡を併用した胸腔鏡補助下手術、ダビンチ手術を症例にあわせて適応としています。肺癌標準手術である肺葉切除+縦隔リンパ節郭清については、平均2時間30分程度で手術を行っており、待機手術においては全例無輸血で手術を完遂しています。患者さんの回復も非常に早く術後は5-7日で退院されています。ただし患者さんの社会的事情にも可能な限り対応しており、2週間程度入院でリハビリをしながら過ごされる方もいます。

自然気胸
胸壁に3つの穴をあけて行う完全胸腔鏡下手術を基本としています。手術時間は約1時間、入院期間は3-4日となっております。肺線維症、肺気腫を合併した高齢者の気胸においては、腋窩(脇のくぼみ)に6cmほどの切開を加え、肺の損傷部位を直視下に処置する方針としています。

診療科のご案内

呼吸器外科のご案内

スタッフの紹介

医師名職位・役職専門分野所属学会
阪野 孝充
防衛医科大学2001年卒
診療科長
助教
一般外科
呼吸器外科
日本呼吸器外科専門医・ロボット手術術者認定医
日本外科学会専門医
日本胸部外科学会
日本肺癌学会
日本呼吸器学会
日本呼吸器内視鏡学会
1阪野孝充
前屋舗 龍男
北海道大学2007年卒
助教呼吸器外科日本呼吸器外科学会専門医・ロボット手術術者認定医
日本外科学会専門医
2前屋舗龍男
中村 央
助教呼吸器外科

大熊 真理
大学院生呼吸器外科

外来診察日割表

当院は、東京都より地域医療支援病院に承認された病院となっています。
初診で紹介状をお持ちの方は事前に予約センターで予約をおとりください。紹介状のない方も初診をお受けできますが、予約の方が優先となりますので、来院日当日に診療が出来ない場合がございます。予めご了承ください。(予約センターはこちら)
なお、予約のない方で、受診歴のある診療科での最終診療受付日から半年を過ぎた場合は、初診と同じ取扱いとなります。

初診受付は、月~土の午前11:00までです。

【3号館1階】

赤字:女性医師

午前阪野孝充
(呼吸器外科一般)

相馬信吾
(呼吸器外科一般)

7/6休診
前屋舗龍男
(呼吸器外科一般)
7/21休診
阪野孝充
(呼吸器外科一般)
前屋舗龍男
(呼吸器外科一般)
中村 央
(呼吸器外科一般)
午後-

-

-

-

-