病理診断科

病理診断科について

経験豊富な専門医と技師が協力し迅速、正確な診断で主治医を支援
病理診断科は、各診療科が患者さんから採取した組織検体や、喀痰などの細胞診用検体をもとに、病気が良性(腺腫)か、悪性(がん)かを正確に診断し、主治医の治療方針決定をサポートする部門です。国内外のエキスパートと活発に交流し、病理診断のクオリティーを高めています。今日のがん診療において、治療方針を決定する際に欠くことのできない病理診断の重要性は増すばかりです。病理診断には、生検や内視鏡で採取した組織を検査する病理組織診断と、喀痰や尿、分泌液、吸引した細胞などを検査する細胞診があります。当科は、胃、大腸、乳腺、子宮、膀胱、前立腺、肺、髄膜、脳、脊髄など多種多様な臓器の病理組織診断、細胞診断を行い、直近の病理組織診断検査件数は年間9,000件、細胞診断検査件数は年間8,000 件を超えています。術前の生検で診断が難しい腫瘍や、悪性度の診断が重要な脳腫瘍では、術中迅速病理診断を行い、切除範囲や取り残しの有無などを正確に判断するためのサポートを行います。当院では病理医が手術室に入って、執刀医に直接、結果を伝え、手術方針の決定に関与していますが、このようなスタイルは全国でも珍しいといえます。各診療科とは日常的にカンファレンスなどを通じて緊密な連携関係を築いています。
no image診療科⻑ 松本 俊治

主な対象疾患

胃腺腫、胃がん、大腸腺腫、大腸がん、乳がん、子宮頸部異型上皮、子宮頸がん、子宮体がん、膀胱がん、前立腺がん、肺がん、髄膜腫、下垂体腺腫、神経膠腫、神経膠芽腫

診療方法

内視鏡的消化管検査の病理組織診断は最も多く、良性(腺腫)、悪性(癌)の診断を正確に行い、検査後の治療方針の決定をサポートしています。乳がん、子宮頸部異型上皮、子宮頸がん、子宮体がん、膀胱がん、前立腺がん、肺がんでは細胞診断、病理組織診断の両方が行われていますが、両者を併用し正確な病理診断を行い検査後の治療方針の決定をサポートしています。術中迅速診断は種々な悪性腫瘍、脳腫瘍で行われていますが、迅速診断を正確に行うことにより患者さんにとって最善の手術が行われます。

診療体制

細胞診断、病理組織診断を行うための設備は完備し、また組織診断を行うために必要な免疫組織化学的検査用の設備も完備しています。常勤病理医は3名で、内2名は日本病理学会専門医の資格をもち、種々な疾患に高い専門性を持ち、日常の病理診断業務を行っています。臨床検査士は5名で、内4名は細胞検査士の資格を持ち、細胞診断の業務を迅速に行っています。

診療科のご案内

診療科のご案内

スタッフの紹介

医師名
職位・役職
専門分野
所属学会
松本 俊治
福島県立医科大学1973年卒
診療科長
特任教授
外科病理学
肝臓・婦人科・血管病理学
細胞診
医学博士
死体解剖資格認定
日本病理学会認定病理医・研修指導医
細胞診専門医
日本病理学会(評議員)
日本臨床細胞学会
日本肝臓学会(東部会評議員)
婦人科腫瘍学会(評議員)
International Academy of Pathology
United States and Canadian Academy of Pathology
小倉 加奈子
順天堂大学2002年卒
先任准教授
外科病理学一般
婦人科病理
乳腺病理
細胞診
医学博士
死体解剖資格
日本病理学会認定専門医・研修指導医・評議員
日本臨床細胞学会指導医
日本臨床検査医学会認定専門医
臨床検査管理医
NPO法人「病理診断の総合力を向上させる会」理事
坂口 亜寿美
順天堂大学2008年卒
助手
外科病理学一般
日本病理学会
日本臨床細胞学会
發知 詩織
順天堂大学2017年卒
助手
外科病理学
日本病理学会
照喜名 宏之
センメルワイス大学2016年卒
助手
病理学日本病理学会
技術員
職位・役職
認定資格
青木 裕志
課長補佐
1級臨床病理技術士