整形外科・スポーツ診療科

診療実績

当科で扱う分野・・・関節疾患医療、スポーツ医療、交通災害、労働災害あるいは自然災害に対する外傷医療、高齢化社会になり益々需要が増加しつつある老人医療等。

当院での主な診療・・・上記整形外科疾患全般に対応。特に股関節外科や膝関節外科、スポーツ外傷、リウマチの関節外科が中心。

指導医・・・野沢雅彦特任教授(股関節外科)、金勝乾先任准教授(膝関節・スポーツ整形外科)、有冨健太郎准教授(手肘外科)、坂本優子准教授(小児整形外科)、権田芳範助教(肩関節・スポーツ整形外科)。

手術症例(グラフ)・・・股関節・膝関節の人工関節置換術が最も多い割合を占めます。人工関節手術にはコンピューターナビゲションシステムを導入した最先端の技術を利用しています。また、高度な専門技術の必要な骨盤骨切り術や前十字靭帯再建術なども主な手術です。関節鏡視下で行う肩関節手術も年々増加傾向にあります。当院が救急医療を重点項目としているため、骨折などの外傷の手術も数多く行っています。
整形

臨床研究

現在実施中の研究一覧

1.幼児O脚に影響する、胎児期および出生後の栄養と遺伝子多型に関する観察研究

お子さんを保育園に預けている場合、1歳と1歳半の調査で保育園での生活状況を詳しく知る必要があります。こちらの書類を保育園の担任の先生にお渡しいただければ協力がスムーズに得られると思いますので、ご活用ください。

保育園クラス担任の先生へのご依頼


2.Synergy Select と Synergy Select 2 の術後成績

当院で行われた人工股関節インプラントについて、歩行機能やレントゲンについての評価を行っています。個人情報を特定できない形でのみデータを取り扱いますが、御自身の情報を利用しないでほしい等のご要望がございましたら、大変お手数ですがお申し出ください。

Synergy Select と Synergy Select 2 の術後成績

お問合せ

研究に関して不明点などございましたら、担当医までご連絡ください。

取得できる資格

日本整形外科学会認定整形外科専門医日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定リハビリテーション医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

後期臨床研修医・2年目初期臨床研修医募集に向けてメッセージ

高齢化社会、スポーツ人口の増加に伴い整形外科のニーズは今後も増え続けるであろうと予想されます。当院での研修では、整形外科の全般的なトレーニングが受けられますので専門医試験合格に充分な知識と技術が得られるでしょう。さらに、興味のある分野では専門性を持った最先端の技術習得が可能です。特に、股関節手術は最も症例が多く最先端の手術技術を学べます。また、バスケットボール、サッカーなどのチームドクター、フィギュアスケートなどのトップアスリートに対するスポーツ診療も行っており、スポーツ診療にも深く関わることができます。意欲のある若手医師を歓迎します。